« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の2件の記事

2006年12月19日 (火)

新商品第一弾、無事成功。

この3ヶ月、結構な時間を使ってきた顧客満足度調査プロジェクトが、無事終了。
未経験の私が、調査、分析、アクションプラン、発表まで一貫してやりとげた感。
コンサルタントじゃん。
入社時は商品企画、バイトでマーケティングをはじめた私の、3つ目の役割だ。

途中問題は多々あり、スタートで詰めるべきものを詰めてなかったりして、不安定感はずーっとあったが、進めながら修正し、最後には固めれた。
やはり、相手の組織体制や期待値を見抜き、時に合わせ、時にガイドしてゆくことは、調査そのものと同じくらい、成功を決める。

未経験手探りで三流のベテランよりよっぽど良い仕事をしてみせるのは快感。
だけど、ホンモノには到底勝ててないんだよなー。
一流の世界にチャレンジしたい今日この頃。。

2006年12月 1日 (金)

超速セミナー割と成功

前の更新からあっという間に10日。
ほとんど緊急セミナーの準備に追われる。

メインイベントが急遽決まり、経営者にインタビュー撮影、そのまま週末実家で編集。初めて編集ソフトを動かす私が、わずか2日間で、前回は外注した重要コンテンツを作ってしまう。週明けに追加編集し、深夜、講師にメール送信し、本番を迎える。ぶっつけジャムセッション状態。開演1時間前、都心の高層ビルの絶景の中、プロジェクターが映らない。。

これでいのか?

これでいいのだ♪

プロジェクタはケーブルのトラブルと判明したのが本番30分前。予想外。別のを代用してOK. 
ジャムセッション?なセミナーも、顧客からお招きした講師、私編集のビデオ、などなどグルーヴィーにハマり、予想外の軒並み高評価。

無茶な料理でも、素材がよければ十分おいしい、という良い例だ。
最高の素材とは、優れたお客様との良い関係。
時間をかけて育ててきたものには、有無を言わせない迫力がある。

ビデオの編集も、前回はプロに依頼したので、そのまま真似ることで、巧くできた。最初から一流のものにカネを注ぎ込めば次に返ってくる、という良い例だ。

終了後、同じビルに前職サテライトオフィス?があったので行ったら、1年前まで私のまさに隣にいた同僚に遭遇。私が辞めて半年くらいした後で業績が好転、急に海外出張などが激増したそうだ。

会社ってこうでなきゃ。カネをどさっと集め、どさっと使う。

ウチは潤沢に集められているわけではないけど、その中でもどさっと使ったものは当たる。
この経験、プライスレス。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

フォト

『覚醒せよ、わが身体。〜トライアスリートのエスノグラフィー』

  • 初著作 2017年9月発売

フォローください

Blogランキング

無料ブログはココログ